川口ごきげんひろば

きばるの甘夏の季節です

d0192224_14393537.jpg


毎年春になると、不知火海を望む熊本の水俣から、
生産者グループ「きばる」から甘夏が届きます。

水俣病の発生で漁ができなくなった漁師たちが陸に上がり、
温暖な気候と水はけのよい傾斜地に甘夏を植えたのは1950年代のこと。

甘夏の苗木は一日の日当と同じ400円の時代、
一度に植えることはできず、出稼ぎをしながら、
10~15年ほどかけて、山に苗木を植えていきました。

1977年から始まった「きばる」と生活クラブとのおつきあいは、もう30年以上になります。

初めの頃は栽培指導の通りに農薬を使っていましたが、農薬から倒れる人も出ました。
いまだに患者の実数もわからない水俣病、
その水俣病の経験がある「きばる」は、「被害者が加害者にならない」ためにも、
農薬の使用回数を大幅に削減しました。

かんきつ類の病気は、かかってからでは遅く、出荷できなくなります。
味や中身同じでも、果物は見た目も大事なため、
黒点病やサビダニなど、外皮の見た目が悪くなる病気や虫には特に気を使います。

生活クラブとの約束で、
農薬の使用回数や使用時期が決められているので、
予防のための真夏の草刈りや、選定した枝の始末なども重要です。

「きばる」では甘夏のほか、
スイートスプリングとしらぬい(市販品デコポン)も生活クラブに出荷しています。
グレープフルーツなどにもチャレンジしていますが、まだ本数は多くありません。
甘夏を食べてくれる人がいる限り、「きばる」は甘夏を作り続けていきます。

甘夏の注文は____週です。
甘夏レシピや、一問一答なども載っている
生産者グループきばるのホームページ
http://kibaru-mikan.net/


写真は、1月28日埼玉本部で行われた、きばるとの交流会の様子
d0192224_14454118.jpg


甘夏を使ったお料理いろいろ
d0192224_1446382.jpg

甘夏の果汁も果肉も入ったお寿司。

d0192224_14461866.jpg

ポン酢も甘夏の果汁を入れて。

d0192224_14464176.jpg


d0192224_14465876.jpg

[PR]
by syouhizai | 2014-02-11 14:50 | 情報その他
<< 子どもの救急時の対応学習会 2月のエッコロひろば >>



生活クラブー川口中央支部のブログです